2010年1月29日金曜日

絵文字が開いてしまった「パンドラの箱」第6回--Google・Apple提案とそのシナリオ:コラム - CNET Japan

絵文字が開いてしまった「パンドラの箱」第6回--Google・Apple提案とそのシナリオ:コラム - CNET Japan

日本の絵文字、昔はキャリア互換も無く、文字化けしたり違う文字に変換されたり、大変だった。

キャリア同士では互換性が持たれるようになったが、
日本だけでなく世界で使えるようにUnicodeに加えようと、Googleが呼び掛けをしていた。

そこまではトラッキングしていたが、今、この話について、上記の記事にあるように白熱した議論が展開されているらしい。

しかし、現在の絵文字→Google・Apple提案 vs アイルランド・ドイツ提案→会議の結果、と見ていくと、だんだんと絵文字がカワイクなくなっていっているように感じる。癖やアクがなくなり、シンボルとして単純化されている。これが、ユニバーサルになるということか。

確かに、国際標準とするのであれば、特定の文化圏でしか通用しない概念を表すものは相応しくない。でも、それではもともと絵文字が持っていたチャーミングさがなくなってしまう。

結局、Unicodeに含まれたとして、現在の絵文字のように頻繁に使われるのだろうか。